「はじまりは国芳 - 江戸スピリットのゆくえ - 」展

横浜美術館

poster for 「はじまりは国芳 - 江戸スピリットのゆくえ - 」展

このイベントは終了しました。

この展覧会は、浮世絵師・歌川国芳(1797 寛政9~1861 文久元年)を起点として、国芳の近代感覚にあふれた斬新な造形性が、国芳の一門や画系にどのように受け継がれ、さらに、新たな展開を見せていったかを、江戸末期から昭和初期の日本画、油彩画、水彩画、版画、刊本などの作品、資料を通して探ろうとするものです。
歌川国芳は、歌川豊国門下の浮世絵師で、同門の兄弟子・歌川国貞と並び、江戸末期の浮世絵界を牽引しました。雄壮奇抜な武者絵をはじめとして、美人画、役者絵、機知と諧謔に富む戯画や諷刺画、洋風の表現を取り入れた風景表現など、その幅広い画域と作風によって、近年、評価がますます高まっています。 
国芳門下の第1世代には、歌川芳員、落合芳幾、歌川芳虎などの浮世絵師のほか、月岡芳年、河鍋暁斎、そして洋風表現で一派をなした 五姓田芳柳などの異才が輩出しました。とりわけ、芳年の門下には、歴史画の水野年方、物語絵・風俗画の鏑木清方、さらに清方の弟子の伊東深水や寺島紫明などが連なり、日本画の一大画系を形成しています。また、清方門下には、版元・渡邊庄三郎率いる新版画運動に参加した深水、川瀬巴水、笠松紫浪らがおり、大正期から昭和にかけて、木版画の新たな可能性を拓きました。
本展では、国芳の系脈に連なる画家たちのこうした幅広い展開を、4章立て約250点(展示替あり)でたどります。1989年の開館以来、記念すべき100本目の企画展となる本展に、ご期待ください。

[関連イベント]

「絵描きたちの職人魂―国芳から芳年、暁斎、清方へ」
講師: 山下裕二氏 (美術史家、明治学院大学教授)
日時: 11月18日 (日) 14:00〜15:30 (開場13:30)
会場: 横浜美術館レクチャーホール (定員240名、先着順、聴講無料)

「僕はこう見る - ヨコオ流 絵の見方 - 」
講師: 横尾忠則氏 (美術家)、きき手: 当館学芸員
日時: 12月22日 (土) 14:00〜15:30 (開場13:30)
会場: 横浜美術館レクチャーホール (定員240名、先着順、聴講無料)

学芸員によるギャラリートーク
日時: 11月30日 (金) 、12月14日 (金) 15:00〜15:30
※当日有効の観覧券が必要です。

夜の美術館でアートクルーズ
日時: 12月8日 (土) 、12月19日 (水) 19:00〜20:45
定員: 各回30名 参加費: 4000円 (鑑賞券含む)
※要事前申込み、抽選 (締切 11月9日必着)

お話と摺りの実演「大正期に花開いた新たな浮世絵『新版画』」
講師: 渡邊章一郎氏、渡辺英次氏(㈱渡邊木版美術画舗)
日時: 1月6日 (日) 13:30〜16:30
対象・定員: 満12才以上 40名 参加費:2000円(鑑賞券含む)
※要事前申込み・抽選(締切12月8日必着)

親子で鑑賞「浮世絵、摺師 (すりし) の技をみよう」
講師:林勇介氏 (㈱渡邊木版美術画舗)
日時: 11月23日 (金・祝) 10:00〜12:00
対象・定員: 小学校3年生から6年生の子どもと保護者 20組 (1組4名まで) 
参加費: 親子2名で料金1000円 (1名追加500円)
※要事前申込み、抽選 (往復はがきのみ受付。締切 11月9日消印有効)

つくって!みて!親子でたのしむ展覧会
日時: 12月9日 (日) 10:15〜12:15、14:00〜16:00
対象、定員: 小学校1年生から6年生の子どもと保護者 各回10組
参加費: 無料
※要事前申込み、抽選(締切11月16日必着)

※各イベントのお申し込み方法は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2012年11月03日 ~ 2013年01月14日
休館日: 木曜日、12月29日(土)〜1月3日(木)

アーティスト

歌川国芳

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use