「MAMプロジェクト018:山城知佳子」展

森美術館

poster for 「MAMプロジェクト018:山城知佳子」展

このイベントは終了しました。

森美術館は、2012年11月17日( 土 )から2013年3月31日日 )まで、
「MAMプロジェクト018: 山城知佳子 」 展を開催 )します。
山城知佳子(1976年沖縄生まれ)は映像や写真など多様なメディアを使い、
自身の出身地、沖縄を主題とする作品を制作します。
初期の映像作品《I Like Okinawa Sweet(オキナワ TOURISTより)》(2004年)では、
作家が米軍基地フェンスの前で沖縄名産のアイスクリームを頬張ることで、
「 舐められ続ける沖縄を描き、代表作の《アーサ女 》(2008年)では、
米軍基地移転計画がある辺野古の海中で、水と藻の流れに身を委ねる自身を通して、
日本と米国に翻弄される沖縄を暗示します。
サイパン戦玉砕を体験した沖縄の高齢者の語りを自らの口を通して再現しようとする映像作品
《あなたの声は私の喉を通った》(2009年)は、戦後70年近く経った今に歴史を語り継ぐ困難さ
を表象しているとも解釈できますが、これは現在、沖縄が抱える戦争体験の風化という問題とも重なります。
このように、作品の多くに登場する山城本人の身体は沖縄の状況を象徴的に表わしますが、
作品は単純な善悪論に回収されるのではなく、
詩的表現も手伝って、さまざまな解釈を可能にします。
そこに、女性性や身体性、生と死の関係、記憶と語り等、普遍的なテーマを読み取ることもできるでしょう。
また最近では、自作自演から第三者を被写体とするものへと移りつつあり、
本展では、米軍基地敷地内にある闇市で肉屋を営む女性を主人公に、
現実とフィクションが交差する最新映像作品を発表する予定です。

[画像: 山城知佳子「 I Like Okinawa Sweet(オキナワTOURISTより」(2004)
ビデオ 7分30秒 Courtesy: Yumiko Chiba Associates]

メディア

スケジュール

2012年11月17日 ~ 2013年03月31日
開館時間: 10:00–22:00(火曜日は10:00–17:00)  *ただし 1月1日(火)は 22:00まで *いずれも入館は閉館時間の 30 分前まで 、会期中無休

アーティスト

山城知佳子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use