「没後50周年記念企画 報道写真とデザインの父 名取洋之助 - 日本工房と名取学校 -」

日比谷図書文化館 ミュージアム

poster for 「没後50周年記念企画 報道写真とデザインの父 名取洋之助 - 日本工房と名取学校 -」

このイベントは終了しました。

ドイツで青春時代を過ごした名取洋之助(1910-1962)は、グラフ誌への写真寄稿をきっかけに報道写真家となって活躍します。芸術ではなく、コミュニケーション手段としての写真やグラフィックデザインの社会性を実感した彼は、1933年(昭和8)に我が国で初めて報道写真を標榜する制作集団「日本工房(のち国際報道工芸、国際報道と改組)」を設立。木村伊兵衛、土門拳、原弘、山名文夫、河野鷹思、亀倉雄策など若き写真家やデザイナーが参画して、欧米への写真配信や清新なデザインで写真をまとめた対外日本文化紹介グラフ誌『NIPPON』の刊行などに邁進しました。

日中戦争から太平洋戦争までと重なる中で、戦時体制に組み込まれながら理想の実現に奮闘した名取たちの仕事は、日本の写真・デザイン界の源流となったのです。終戦後の名取は、日本の『LIFE』を目指す『週刊サンニュース』や、1950年代の出版界に新風を巻き起こした『岩波写真文庫』の編集に携わりました。三木淳、稲村隆正、岡部冬彦ら戦後世代の若き写真家やデザイナーたちが仕事を通じて鍛えられ、編集現場は「名取学校」とも呼ばれました。

写真家として、また、プロデューサーとして、生涯を報道写真に捧げた名取洋之助が没して50年。彼の仕事を一堂に会して、その功績を顕彰します。
また、1962年に開催された、名取洋之助の告別式、偲ぶ会の音声記録を初めて公開します。木村伊兵衛、亀倉雄策、岡本太郎など名取と時代を共にした面々が名取洋之助の想い出を語る貴重な記録です。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2012年04月27日 ~ 2012年06月26日

アーティスト

名取洋之助

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use