宮崎学「自然の鉛筆」

IZU PHOTO MUSEUM

poster for 宮崎学「自然の鉛筆」

このイベントは終了しました。

宮崎学は70年代始めから自作の赤外線センサー付きロボットカメラを使い、森のヴェールに覆われた野生動物たちの姿を撮影してきた写真家です。狩人のような洞察力と最新鋭の機材を駆使することによって、動物自身にシャッターを切らせることを可能にしてきました。
本展のタイトルは、写真術の発明者の一人であるウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボットの世界初の写真集『自然の鉛筆』から付けられています。「自然の鉛筆」というタイトルには自然(光)が自ずから描く自画像としての写真という意味が込められており、宮崎の手法とも重なるものです。宮崎はこれまで黙して語らぬ自然を写真という視覚言語に翻訳してきましたが、近年人間の生活空間の近くに出没する野生動物や人間の手によって持ち込まれた外来動物の姿は、現代社会を映し出す鏡のようにも見えます。
美術館での初個展となる本展では、第9回土門拳賞を受賞した「フクロウ」をはじめ「けもの道」「死」「柿の木」「イマドキの野生動物」シリーズなど代表作約130点を展示します。「自然界の報道写真家」による知られざる野生動物たちの姿をご覧下さい。
[関連イベント]
対談「自然・写真・人間」 
宮崎学 × 小原真史(当館研究員)
日時: 1月13日(日)午後2:30–4:00
料金: 無料(当日観覧券が必要です。)
定員: 150名
参加方法:お電話にてお申し込みください。055-989-8780

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2013年01月13日 ~ 2013年04月14日
開館時間 1月 10:00-16:30、2・3月 10:00-17:00 、4月 10:00-18:00、3/20は開館、翌日休館

アーティスト

宮崎学

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use