「35年+」展

西村画廊

poster for 「35年+」展

このイベントは終了しました。

西村画廊は38年という時代の変化の中で、常に流行に左右されず、本当の意味で新しく、オリジナリティを持った作品を紹介し続けています。今回の展覧会「35年プラス」では、西村画廊の35年プラス約2年半の歴史を、およそ800点のカラー図版でたどるビジュアル画廊史『西村画廊35年+』の刊行を記念するとともに、現在のレギュラーメンバーである7 名の作家、押江千衣子、小林孝亘、曽谷朝絵、指田菜穂子、舟越桂、町田久美、三沢厚彦の最新作を展示することで、西村画廊の歴史を回顧するのではなく、38年目の現在をお見せします。

[画像: 小林孝亘「Pillow」(2012)キャンバスに油彩 60.6 x 72.7 cm]

メディア

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use