丹羽良徳 「ベルンで熊を拍手喝采する」

ナディッフ アパート

poster for 丹羽良徳 「ベルンで熊を拍手喝采する」

このイベントは終了しました。

スイスのベルン市でのプロジェクト「ベルンで熊を拍手喝采する」(2011)を紹介します。

多くの地域住民に協力してもらい、中世からベルン市で飼育されている市の象徴的存在の熊に対して拍手喝采し、ねぎらい、祝福の言葉を述べる。拍手の際に述べられる言葉は事前に市民との協議によって話し合われ、その過程はすべてビデオで記録される。

このプロジェクトは、ベルン市民の精神的なアイデンティティーであり共同体のシンボルである熊に何を言うことができるのか、という問い立てをする。

《アーティスト・トーク》
「トランスナショナルな個人映像記述術」
2/19 sun 17:00 - 19:00
ゲスト:市原尚士(読売新聞水曜夕刊ポップスタイル欄の編集長)
NADiff a/p/a/r/t (1F) 店内にて
国家横断的、個人史と世界史などをテーマにこれまで丹羽良徳が世界各地で実施してきたプロジェクトをどのような手法で行われているのかお話します。そこから映像作品の可能性について、もしくはそこからはみ出してしまう可能性などを映像やテキストを交えて紹介します。

[画像: 丹羽良徳「Sketch for the project Clapping bears in Bern」]

メディア

スケジュール

2012年02月09日 ~ 2012年03月18日

オープニングパーティー 2012年02月10日18:00 から

アーティスト

丹羽良徳

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use