村田峰紀 「ダルマ」

アートセンター・オンゴーイング

poster for 村田峰紀 「ダルマ」

このイベントは終了しました。

村田峰紀(むらたみねき)は1979年群馬県生まれ。2005年に多摩美術大学美術学部彫刻学科を卒業の後、全国各地の様々な展覧会やイベントに参加、独自のパフォーマンスを展開してきました。近年では、「あいちトリエンナーレ2010」の招待作家に選出されるなど、今最も注目を集める若手アーティストの一人です。村田は自らの身体を用い様々なモノに対しなんらかの行為を繰り返します。辞書やコピー用紙の束にボールペンで無形のドローイングを描き続けたり、身につけた白いワイシャツの背中にクレヨンで色を塗りたくったり、チョークで展示会場全体を塗りつぶしたり。こうした村田の行為は執拗に繰り返され、時には数時間に及ぶことさえあります。目の前でいつ終わるともなく繰り返される村田のパフォーマンスは強いインパクトを与え、空間や距離、時間すら超えて、見るもの意識に直接訴えかけてくるかのようです。こうした行為は、人間の身体が持つ存在の重さあるいはその異様さを浮き彫りにする作業とも言えるかもしれません。それを見続けることで、いつしか我々は村田の身体に直接触れられているかのような生々しい感覚がわき上がってくるのです。今回の個展では期間中、村田がパフォーマンスを毎日行います。それにより、会場は日々変化していき、ギャラリーに足を踏み入れるものは、村田のパフォーマンスと、その行為の集積を同時に目の当たりにすることとなるでしょう。

メディア

スケジュール

2012年02月08日 ~ 2012年02月19日

オープニングパーティー 2012年02月10日19:00 から
1000円

アーティスト

村田峰紀

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use