「美術館と映画: フィルムセンター以前の上映事業」

東京国立近代美術館フィルムセンター

このイベントは終了しました。

国内では初の国立美術館となる「国立近代美術館」(現・東京国立近代美術館)が開館したのは1952年12月1日のこと。それはまた同時に、美術館の映画事業「フィルム・ライブラリー」(フィルムセンターの前身)が上映活動を開始した日にもあたります。上映会の会場には、当時京橋にあった美術館(1970年に竹橋に移転)の建物(旧・日活本社)に付属する80席の映写室が用いられ、開館記念として3本の美術映画――『桃山美術』『ピカソ訪問』『フランクリン・ワトキンズ』が、12月28日までの4週間にわたり上映されました。
以後、美術映画の他にも文化・記録映画、アニメーション映画などの短篇映画を幅広く紹介する「月例映写会」が継続的に開かれる一方、翌1953年には、再上映の機会が稀であった映画史上の古典作品を上映する「特別鑑賞会」が始まり、間もなく1週間のうち月例映写会を4日間、特別鑑賞会を2日間の割合で、各日1回の上映を行うスタイルが定着するようになります。
映画の渡来から55年目を迎え、1958年には国内の映画人口が11億人を超えるピークに達しようとしていた当時、古典映画の上映はもちろん、その前提となるフィルムの所在を明らかにすることも困難であった状況下で、国立のフィルム・アーカイブ/シネマテークはその第一歩を踏み出したのです。
この特集では、“フィルム・ライブラリー時代”(1952-1969年)の上映プログラムを再現しながら、国立美術館における映画の上映と、フィルムセンターの原点を振り返ります。
[開催概要]
会場: 小ホール
定員: 151名(各回入替制)
発券: 地下1階受付
※上映スケジュールは公式ホームページをご覧ください

メディア

スケジュール

2012年11月09日 ~ 2012年12月23日
金曜日・土曜日・日曜日のみの上映、発券・開場は開映の30分前から行い定員に達し次第締切り

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use