「映像をめぐる冒険vol.5 記録は可能か。」展

東京都写真美術館

poster for 「映像をめぐる冒険vol.5 記録は可能か。」展

このイベントは終了しました。

当館は平成20年度より「映像をめぐる冒険」シリーズと題して、映像部門の5つの基本コンセプトの中から毎年1つを取り上げた展覧会を開催してきました。5回目となる今年は〈記録としての映像〉をテーマに、写真、インスタレーション、映像装置など約60点を展示。映像というメディアの歴史を遡りながら、その今日的な役割を考察します。
映像史において記録映画ともいわれるドキュメンタリーは、映画の誕生とともに始まりました。映画の父・リュミエール兄弟の世界初の実写映画『工場の出口』(1895年公開)は、工場の出口から出てくる労働者たちの様子を撮影した記録映画でした。それから100年以上を経た今日、ドキュメンタリーは一つのジャンルとして定着し、映画に限らず、テレビ、インターネットの動画配信やソーシャルメディアを通じて観ること、発信することができます。しかし、映像の誕生から一世紀余り、私たちを取り囲む日常は日々刻々と変化し、映像が担う役割も複雑化してきています。映像は何を記録し、何を伝えることができるのか。そもそも映像とは、何かを記録することができるものなのか。本展ではそうした問いを出発点に、記録映像の変遷と可能性を、映像と社会を結ぶいくつかの事例から検証します。

[関連イベント]
特別トークイヴェントシリーズ
日時と出演:
2012年12月11日(火) 18:00~19:30 ニナ・フィッシャー&マロアン・エル・ザニ(出品作家)
2012年12月22日(土) 15:00~6:30 ゼロ次元・加藤好弘(美術家)、黒ダライ児(戦後日本前衛美術史研究家)
2013年1月19日(土) 15:00~16:30 宮井陸郎(出品作家)、平沢剛(映画研究者)
出品作家、ゲストによる連続トーク企画、作品の解説を行います。
会場:東京都写真美術館 1階アトリエ 定員:各回70名
受付:当日10時より当館1階受付にて整理番号付き入場券を配布します。
対象:本展チケットをお持ちの方
※整理番号順、自由席。開場は開演の30分前より
※入場無料

メディア

スケジュール

2012年12月11日 ~ 2013年01月27日
年末年始(12月29日~2013年1月1日)は休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use