「蕭白ショック!! 曾我蕭白と京の画家たち」展

千葉市美術館

poster for 「蕭白ショック!! 曾我蕭白と京の画家たち」展

このイベントは終了しました。

18世紀の京都を彩った個性的な画家たち 蕭白、応挙、若冲、大雅、蕪村…… 江戸時代中期、西洋や中国の文化を取り入れる動きが美術にも波及し、特に京都では個性的な画家が多く活躍しました。曾我蕭白(1730~1781)もその一人です。蕭白は京都の商家に生まれ、父を早くに亡くして画業で身を立てました。室町時代の画家曾我蛇足に私淑して曾我姓を名乗ります。盛んに出版されるようになった版本の画譜を活用し、室町水墨画に学んだ復古的な作品を多く残しました。巧みな技術に裏付けられた独特の作品世界は現代人をも魅了します。蕭白が伊勢地方(現在の三重県)で制作した作品は今も三重県内に多く伝わっています。今回の展覧会では修復を終えた、斎宮の旧家永島家伝来の障壁画(全44面、重要文化財、三重県立美術館所蔵)を中心に蕭白の画業を振り返ります。また、蕭白前史として、蕭白が師事したと思われる高田敬輔や、京都で活躍した大西酔月ら復古的な画風の画家を紹介します。円山応挙、伊藤若冲、池大雅、与謝蕪村らの作品も展示し、蕭白のいた江戸時代中期の京都画壇の豊かさを併せてご覧いただきます。首都圏では1998年以来久々の蕭白展となります。

5/1、5/7に大幅な展示替えあり。2回目以降、半券の提示でリピーター割引を受けられます。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2012年04月10日 ~ 2012年05月20日
5月1日(火)、7日(月)は休み。

Facebook

Reviews

haropyon: (2012-05-09)

これは必見です! 
以前より蕭白ってなんか劇画っぽいと思ってたんですが、それは大胆すぎる描線のためもあるけど、それもさることながら、物語と時間の流れをより深く感じさせる描写故ではないかと思いました。また晩年の風景画もゆるやかな時の流れを感じさせるすばらしいものでした。
 「千葉って遠いし蕭白なら東博のボストン美術館展で見たからまあいいや」と思う方も多いと思いますが、あそこで見ただけでは語りきれない魅力が必ず見つかると思います。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use