クワン・シャンチ 「作品全集」

YUKA TSURUNO GALLERY

poster for クワン・シャンチ 「作品全集」

このイベントは終了しました。

クワン・シャンチ(1980年生まれ)は、2005年に開催された香港アート・ビエンナーレ(香港美術館)において、母親の記憶を基に作家が造った茶卓「Teapoy」を出展、家族の歴史や人間関係を可視化したインスタレーションで、一躍脚光を浴びました。近年精力的に取り組んでいる映像作品は、国際的にも注目されており「Videozone V」(2010年、イスラエル国際ビデオビエンナーレ、テル・アビブ)や「Homemade video from HongKong」(2011年国際現代美術センター、サンクトペテルブルグ、アラド美術館、ルーマニアほか巡回)など数々の国際展に招待されています。

クワンの映像作品に共通するのは、成功と失敗や、達成と未完のように、相反する葛藤の継続をテーマにしている点です。例えば、フォークを使ってコップに入ったホット・チョコレートを全て飲み干す行為を記録した「Drinking a glass of hot chocolate with a folk」や、作家本人が右手と左手でじゃんけんを繰り返しながら勝率を数える「Left vs. Right」の一見無為な繰り返しの中に、私達は二律背反する人生の摂理を見出すことでしょう。また、本展のために新しく作られた「ONE MILLION(JapaneseYen)」では、僅か数枚の紙幣を数える行為を編集上で何度もリピートすることで百万円まで数える映像作品ですが、そこには貨幣制度の本質や、マネー・ゲームに代表される実態を伴わない経済活動についてのアイロニカルな視点が表現されています。

今回は書物でいうところの「作品全集」という意味をもつ「Collected Works」を展覧会タイトルとし、ビデオのみならず立体作品を含む様々な表現形態の作品を展示します。「Apple Core」はリンゴジュースのパックを素材とした作品ですが、ギャラリーの空間に置かれることで、鑑賞者は、スーパーマーケットとは異なったコンテクストの中で、私達が何を消費しようとしているのか考えさせられることでしょう。一方、「Lilies」は、一見花瓶に活けられた百合の花束ですが、よく見れば、それぞれ製造元の異なる百合の造花を集めたものであることに気付きます。各工場ごとに異なった理想像に基づいてつくられた花々は、共通の目的を持ちながらも、それぞれ異なる外見を有しています。また究極の美しさと永遠性を追求しながらも、フェイクでしかあり得ないという残酷な現実は、誰しもが一度は味わう人生の苦い経験を思い出させます。

メディア

スケジュール

2012年02月25日 ~ 2012年03月31日
日曜、火曜日は休み

オープニングパーティー 2012年02月25日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

クワン・シャンチ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use