「第7回展覧会企画公募」受賞企画展覧会

トーキョーワンダーサイト・本郷

poster for 「第7回展覧会企画公募」受賞企画展覧会

このイベントは終了しました。

将来キュレーターをめざし活動する方々、またはセルフプロデュースによる企画を考えているアーティストから企画を広く募集するもので、選出された企画は、TWS支援の下、展覧会を実施する機会を得ます。第7回目を迎える2012年度は、《キュレーションとは何か?》をテーマに検討していきます。新しい表現の可能性のみならず、展覧会という表現の場をとおしていかに社会へコミットし、新たな協働の地平を開いていけるか。TWSは、これまでの「展覧会」という枠組みを再考し、積極的に展覧会とはどのような場であるかをともに考え、ともに試行していく企画を募集しました。今年は3企画に加え、1企画を奨励賞としてキュレーション・ゼミ参加者から選出いたしました。

[受賞企画]
「upDate 2011111111111s」 
企画:ミラク・ジャマール&ニーン・山本-マッソン
出展作家: ティビ・ティビ・ニュースピュール、メラニー・ボナヨ、ゲオルグ・ラインハルド、ベニ・ワーグナー、ミラク・ジャマール&ニーン・山本-マッソン、ジャスティン・ウィリアムズ、ニコ・プリンセン、南條俊輔=フランソワ、岩間朝子

「Lleca(ジャカ) からcohue(コゥエ) へ-刑務所からのフォトグラフィー」
企画:エレナ・アコスタ
出展作家: ビオレット・ブール

「But Fresh」
企画:吉澤博之
出展作家: 泉太郎、開発好明、タニシK、丹羽良徳、眞島竜男、和田昌宏

「TOC [toasters city / country / cosmos]」
企画:高橋夏菜 ※奨励賞(キュレーション・ゼミ選出)
出展作家: 市村香織

[画像: 刑務所でのワークショップにてある囚人により撮影された写真、2011]

メディア

スケジュール

2012年12月01日 ~ 2013年01月14日
12月29日〜1月4日は年末年始休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use