東京国立博物館140周年特別展「飛騨の円空 - 千光寺とその周辺の足跡 - 」

東京国立博物館

poster for 東京国立博物館140周年特別展「飛騨の円空 - 千光寺とその周辺の足跡 - 」

このイベントは終了しました。

各地の霊山を巡り、生涯で12万体の仏像を彫ったという円空(1632-95)。円空は訪れた土地の山林の木を素材にして、あまり手数を掛けずに仏像を造りました。表面には何も塗らず、木を割った時の切断面、節(ふし)や鑿跡(のみあと)がそのまま見える像が多くあります。木の生命力を感じさせ、素朴で優しい円空の仏は江戸時代以来村人に親しまれ、今も多くの人の心をひきつけます。この展覧会では、「両面宿儺坐像(りょうめんすくなざぞう)」など、岐阜・千光寺(せんこうじ)所蔵の円空仏61体を中心に岐阜県高山市所在の100体を展示します。穂高岳、乗鞍岳など円空が登った山の名前を書いた像もあります。 林立する飛騨の円空仏。展示室に飛騨の森の空気が満ちることでしょう。

[関連イベント]

記念講演会「円空と日本の風土」
日時: 2013年1月26日(土) 13:30~15:00
会場: 平成館 大講堂

記念講演会「飛騨人と円空の祈り」
日時: 2013年3月9日(土) 13:30~15:00
会場: 平成館 大講堂

※詳細は公式HPにてご確認ください

メディア

スケジュール

2013年01月12日 ~ 2013年04月07日

アーティスト

円空

Facebook

Reviews

voidchicken: (2013-02-27)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use