「木下晋の世界展 - 祈りの心 -」

平塚市美術館

poster for 「木下晋の世界展 - 祈りの心 -」

このイベントは終了しました。

木下晋(きのしたすすむ 1947~富山市生まれ)は、中学時代に富山大学で開催された研修会に参加し、彫刻と絵を学びました。16歳の時に最年少で自由美術協会に入選した後、画家の麻生三郎や美術評論家の瀧口修造らと出会い、その影響を受けます。また、美術批評でも知られた現代画廊の洲之内徹にも認められ作品を発表しました。

1981年渡米後、かねてから意識していた色彩の問題を解決すべく、鉛筆によるモノクロームの新たな表現方法に取り掛りました。従来、習作として扱われる鉛筆画の可能性を拡げ、本画(タブロー)に匹敵する表現力を追求したのです。こうして、10Hから10Bの鉛筆を駆使することにより、他に類例をみない独自のリアリズム絵画がうまれました。

最後の瞽女と言われた小林ハルや、谷崎潤一郎『痴人の愛』のモデル和嶋せい、元ハンセン病患者の詩人桜井哲夫、また自身の母などをモデルとして作品を発表し、モノクロームの光と影による圧倒的な表現で現代絵画に新たな領域を確立することになります。

今回の展覧会では、これまでの代表作に加え、永年温めてきたテーマである「合掌図」の新作を展示いたします。これは、このたびの東日本大震災を目の当たりにしたことが直接の制作の動機となっています。時代、国籍を超え、人間のもっとも根源的な祈りの姿である「合掌」を改めて作品とすることで、自身が追い求めてきたもの、さらには現代の絵画が持つ可能性を検証しようとするものです。

メディア

スケジュール

2012年04月21日 ~ 2012年06月10日

アーティスト

木下晋

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use