「道展 - Work in progress - 」

Eye of Gyre

poster for 「道展 - Work in progress - 」

このイベントは終了しました。

表参道とキャットストリート、その二つの道に面した交差点の位置に誕生したGYREが、2012年11月で5周年を迎える。節目のこの年を記念し、伊勢谷友介率いる〈リバースプロジェクト〉による特別展示『道展』を開催。「人類が地球に生き残るためのプロジェクト」という理念のもと独自のアプローチを続けてきた〈リバースプロジェクト〉が、GYREの持つ「道」という場所の個性に注目してインスタレーションを制作しました。
会場エントランスには、「参道」の入り口となる新感覚の鳥居を。おみくじをモチーフにした参加型のインスタレーションや、アーティスト奥西希生による鎌倉彫りの作品「元気玉賽銭箱」で、ストリート感覚をミックスした「参道」が登場します。さらに街と街を繋ぐ街道で商業が発展してきた日本の文化背景を「縁日」というスタイルで、REBIRTH PROJECTが発表してきたプロダクトの数々も紹介。「EYE OF GYRE」を飛び出し、地下スペースなどGYRE全館で、REBIRTH PROJECTプロデュースのプロダクトやフードを堪能できる仕掛けをご用意しています。
会場: EYE OF GYRE/GYRE3FおよびB1Fスペース

メディア

スケジュール

2012年11月08日 ~ 2012年11月21日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use