「有袋類」展

TALION GALLERY

poster for 「有袋類」展

このイベントは終了しました。

普段作品のいったい何を見ているのか、見ていないのかを考えることは、その作品から何かしら受け継がれる要素があるとしたら、それが何なのかを考えることに繋がると思います。とはいえ、美術作品のどの部分を見ようが、実際にはそこに強制されるような縛りはありません。日々の生活でも、ある事象から何を抽出するかは、それぞれに判断すればいいということになります。

今回の泉太郎キュレーション展では、何人かの作家の方々に参加していただき、展示される作品と作品同士の子供ともいうべきものを制作する予定です。それぞれの作品から何かしらの要素が抽出され子供が発生するのか、どのような部分が受け継がれていくのかは、これから産まれる子のことですので、いまだ未知の状態です。

作品が独り歩きして勝手に生き延びてくれるのであればそれに越したことはありません。せめて遺伝子みたいなあやふやなものでもいいから、醜さでも美しさでもいいから受け継いで、田舎ででも都会ででも、都会の端っこででもいいから、生き延びてくれたら。会っても気付かないくらいになっていてくれたら、他人行儀に挨拶さえしなくてもそれはそれでいいのです。

協力:AI KOWADA GALLERY、青山|目黒、ARATANIURANO、eitoeiko、KAYOKO Y UKI、西村画廊、hiromiyoshii roppongi、山本現代

メディア

スケジュール

2012年02月25日 ~ 2012年03月31日

オープニングパーティー 2012年02月25日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use