小沢剛 + バク・スンウ + 志水児王 「ON PHOTOGRAPHY」

MISA SHIN GALLERY

poster for 小沢剛 + バク・スンウ + 志水児王 「ON PHOTOGRAPHY」

このイベントは終了しました。

「今日、あらゆるものは写真になるために存在する」スーザン・ソンタグがその古典的名著「写真論(英語タイトルONPHOTOGRAPHY)で1977年に写真についての考察をしてから35年。写真を取り巻く状況は劇的に代わり、アートにおいても、写真は、絵画やドローイングなどと同じように、考え方や解釈を表現するなくてはならないメディアとなりました。
本展では、志水児王、小沢剛、バク・スンウの3人のアーティストが写真という手法でさまざまな表現を試みた作品を展示します。
志水児王は、音、光、振動といった物理世界を構成する微細な要素の特性を拡大し、それらが引き起こす物理現象を視覚的に再現するアーティストです。小沢剛は、風景の中に自作の地蔵を建立し写真に収める「地蔵建立Jizoing」、牛乳箱を用いた超小型移動式ギャラリー「なすび画廊」、日本美術史への皮肉ともとれる「醤油画」など、歴史や社会への鋭い洞察に対して、ユーモアと機知に富んだ作品で知られるアーティストです。バク・スンウは、Blowupシリーズ、Utopiaシリーズなど、現実と非現実が交錯する表現で知られる韓国出身のアーティストです。
現代アートの意味とは何か、可能性とは何か、また社会的な役割とは何かを問う、3人のアーティストによる「ON PHOTOGRAPHY」をお楽しみください。
[画像: 小沢剛「ベジタブル・ウェポン- お煮染め」、福島、(2011)]

メディア

スケジュール

2012年09月21日 ~ 2012年11月02日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use