「Genuine Swiss II スイス・デザイン・シンポジウム 」

スパイラル

このイベントは終了しました。

展覧会のメインの関連企画として2回目となる「«Genuine Swiss» スイス・デザイン・シンポジウム」を開催いたします。日本とスイスのデザイン界から一流の専門家を招き、最新のスイス・デザインを考察し、スイスと日本におけるデザインの共通性、アプローチの相違や目的などについて討論します。
日本とスイスのデザインとアート界から参加するのは, ゲルハルト・ブールマン(チューリヒ芸術大学教授)、クラウディオ・コルッチ(デザイナー)、深澤直人(デザイナー、武蔵野美術大学教授)、ダヴィット・グレットリ(Karimoku New Standardデザインディレクター)、今村有策 (トーキョーワンダーサイト館長)、ピエール・ケラー(前ローザンヌ美術大学学長)、岡田勉(スパイラル チーフキューレーター)パトリック・レモン(アトリエオイ 共同創立者) そして田中麻美子(ビクトリノックス・ジャパン代表取締役CEO)

会場: スパイラルホール(スパイラル3F)
入場料: 無料、要予約
シンポジウムへの申し込み等詳細は公式ホームページをご覧ください。

メディア

スケジュール

2012年11月10日 14:00~18:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use