北城貴子 「Saturation」

アートフロントギャラリー

poster for 北城貴子 「Saturation」

このイベントは終了しました。

2006年から森や花を描いてきた北城は雪、海、雲など、描く対象を一気に広げています。そして筆致、マチエール感がこの作家にとってより重要な要素になってきています。雪の森、夏の植物などが、それぞれのモチーフに合わせ、様々な筆遣いによって描かれ、そこに存在している密度をもった大気を感じさせます。

注目すべきは描かれる対象との距離感かもしれません。私たちが絵画や写真を「風景を撮っている」とか「物を描いている」という場合に、その区別はどれくらいの地点から対象を見ているかということの差でしかありません。ジャンルとしての風景画、そして静物画というそれぞれの歴史を通して作家は絵を描き、私たちは無意識のうちに空や地面を入れた構図を決め、スナップショットを撮ります。北城の近年の作品はこれらのルールを根本的に崩す方向に向かっているように思えます。普通、私たちと対象の間には見えない空気があって、そこに光があたることによって視覚的な距離感やフォーカスの曖昧さが生じ、近いとか遠いとか、距離を感じます。北城によって風景が切り取られ、近景に置き換えられることで描かれた対象と私たちも距離は近づいています。それでも、そこにはまだ風景を見た時に感じる大気が、絵を見る私たちとキャンバスの間にも浸透してくるように感じられます。

今後の展開を含め、絵画の可能性がますます楽しみになる北城貴子の近作が代官山に集まります。

[画像: 北城貴子「The day I touched you 2」(2011) キャンバスに油彩 1000x803mm]

メディア

スケジュール

2012年03月19日 ~ 2012年04月08日

オープニングパーティー 2012年03月19日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

北城貴子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use