マルク・シャガール 「愛をめぐる追想」

日本橋髙島屋 8階ホール

poster for マルク・シャガール 「愛をめぐる追想」

このイベントは終了しました。

鮮やかな色彩と、幻想的な作風で知られるマルク・シャガール(1887—1985)。愛や結婚をテーマにした作品を多く制作し、「愛の画家」とも呼ばれています。男女の愛、家族間の愛、ときに宗教的な色彩をも帯びる隣人愛や人間愛など。「愛」に問いかけながら表現し続けた、シャガールの芸術美を辿ってみませんか。本展では日本未公開のスイスの個人所蔵家からの39点と、岐阜県美術館所蔵の版画集「サーカス」全38点を展示し、シャガール・ワールドの魅力を紹介いたします。

[画像: マルク・シャガール「天蓋の下の新郎新婦」(1966) 油彩 ©ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2012, Chagall®]

メディア

スケジュール

2012年06月07日 ~ 2012年06月25日 18:00

アーティスト

マルク・シャガール

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use