「夢二と大正時代Ⅲ 夢二の恋と関東大震災をめぐって -大正9~12年を中心に-」展

竹久夢二美術館

poster for 「夢二と大正時代Ⅲ 夢二の恋と関東大震災をめぐって -大正9~12年を中心に-」展

このイベントは終了しました。

大正100年に当たる2012年の企画展〈夢二と大正時代〉の第三弾は、大正9~12年にスポットを当て、夢二の芸術と足跡を辿ります。
 大正9年(1920)の年明け早々、夢二最愛の女性・笠井彦乃が23歳でこの世を去りました。その前年、病身の彦乃とは面会出来ない日々が続く中、夢二は20歳年下のモデル・佐々木カ子ヨ(かねよ)に出会います。夢二は彼女を"お葉"(およう)と名付け、自分好みの装いや仕種を教え込み、いつしか二人は同棲する関係となりました。
 "夢二の絵から抜け出して来た"と言われたお葉は、夢二の創作意欲を掻き立て、多くの傑作が誕生しました。
 大正12年(1923)9月1日、甚大な被害をもたらした関東大震災が発生し、夢二は当時暮らしていた東京・渋谷で被災します。震災の翌日から、変わり果てた東京の街を夢二は巡り、その様子を独自の視点でスケッチし、文章にも残しました。
 本展では、夢二がお葉をモデルにした作品と館所蔵のお葉の写真約130枚を一挙公開、加えて夢二による震災の記録を中心に、展示紹介を行います。
[学芸員によるギャラリートーク: 7月15日(日)、8月12日(日)、9月9日(日) 14:00~]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2012年07月06日 ~ 2012年09月30日

アーティスト

竹久夢二

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use