「7つの海と手しごと-第3の海-『地中海とトルコのイーネオヤ』」展

世田谷文化生活情報センター生活工房

poster for 「7つの海と手しごと-第3の海-『地中海とトルコのイーネオヤ』」展

このイベントは終了しました。

イスラムの女性が母から娘へと伝え続けてきた、繊細なレース編み「イーネオヤ」の展覧会。世界の海の暮らしを、クラフトを通して紹介していく連続企画、“7つの海と手しごと”。〈第3の海〉として、地中海とトルコのイーネオヤを取り上げます。慣習・宗教上の理由から、髪の毛をスカーフで覆っているトルコの女性たち。そのスカーフの縁を彩る飾りが、「オヤ」と呼ばれるレース編みです。トルコでは手先の器用な女性が評価されるので、嫁入りの際にはさまざまな手芸品を持参し、披露することになっています。持参品は「チェイズ」と呼ばれ、オヤはその中でも重要な位置を占めるため、嫁入りの何年も前から母親や親類たちと一緒に用意します。オヤには使う道具・手法や素材によってさまざまな種類がありますが、中でも縫い針(イーネİğne)で作るイーネオヤは最も古いとされています。地中海から少し内陸に入った地域では、古くから養蚕が盛んでした。シルク糸産業とともに、イーネオヤは発展していったと考えられています。1本の縫い針と糸のみを使用し、結び目を作るという作業の連続によって、繊細で立体的なモチーフを編み上げていくイーネオヤ。現代では作る人も少なくなってしまいましたが、「オヤがなければ嫁にいけない」という地域もいくつも残っています。本展では、地中海沿いの町・アンタルヤにトルコ伝統手工芸の店「ミフリ」を構える野中幾美さん所蔵の、貴重なイーネオヤほか映像などの関連資料約100点を展示します。オヤスカーフのモチーフには、「魚の骨」や「オリーブ」など地中海を感じさせるものも多く見られます。地域ごとの特色や風習などを紹介しながら、トルコの女性たちが母から娘へと伝え続けてきた手しごとの美しさに迫ります。

<関連イベント>
1.イーネオヤ・ワークショップ
a「ステッチの練習~コースターの縁飾り」
b「モチーフに挑戦~アサガオのストラップ」
2.講演会「イーネオヤを訪ねて」
3.ギャラリートーク「イーネオヤ・ロード」
4.イーネオヤ販売会
※詳しくはホームページをご覧下さい

メディア

スケジュール

2012年06月24日 ~ 2012年07月22日
9時~20時、会期中無休

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use