「須田悦弘による江戸の美」展

千葉市美術館

poster for 「須田悦弘による江戸の美」展

このイベントは終了しました。

「須田悦弘展」開催にあわせ、7階展示室では、作家自ら千葉市美術館のコレクションから選んだ江戸絵画・版画の名品を展示します。さらに会場の随所で、出品作品と自作の花の木彫を組み合わせ、時代を超えた美の競演を演出。これまでにないユニークな古美術作品の展示を試みます。
須田悦弘は、2000年、大倉集古館で開かれた「拈華微笑—仏教美術の魅力」で、国宝の《普賢菩薩像》のケース内に小さな《雑草》を忍ばせました。彼自身「私にとってターニング・ポイントとなった展示のひとつ」とこの展覧会を評しているように、以後も機会あるごとに、古美術作品と自作の木彫を組み合わせた展示を行ってきました。通常のインスタレーションとはひと味違った、古美術と現代美術のコラボレーションの魅力をお楽しみください。
[画像: 須田悦弘「椿」(2002) 作家蔵 / 無款「椿図屏風」江戸時代前期 個人蔵(千葉市美術館寄託)]

メディア

スケジュール

2012年10月30日 ~ 2012年12月16日
金曜日と土曜日は20:00まで、11月5日と12月3日は休館

アーティスト

須田悦弘

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use