poster for 植田正治 「砂丘モード」

このイベントは終了しました。

1913年鳥取県境港市(当時西伯郡境町)に生まれた植田は、戦前よりアマチュア写真クラブや写真雑誌を通してその作品が高く評価され、2000年に他界するまで一貫して郷里である山陰を拠点に代表作「童暦」(1955-1970年)や鳥取砂丘を舞台とした砂丘シリーズ、出雲の各地を郷愁溢れる視点から撮影した作品群などを発表してまいりました。
1983年に最愛の妻を亡くした植田は、同年広告業界のアートディレクターであった次男・充氏の提案により、砂丘を背景にファッションブランドTAKEO KIKUCHIのカタログを撮影します。これをきっかけに、雑誌「ブルータス」の巻頭ファッションページ(1985年)やアニエス・ベー、カインドウェアの広告写真(それぞれ1986年、1989年)などそれまで経験したことのなかったファッション写真を次々と手掛けました。後に「砂丘モード」シリーズとしてまとめられたこれらの作品は、失意の中にあった植田が撮影意欲を取り戻す契機となるものでした。
70代に至りながらも衰えなかった植田の好奇心・実験精神を体現した作品を、是非この機会にご高覧ください。

[画像 植田正治「砂丘モード」(1983/2011) ライトジェットプリント イメージサイズ: 24.5 x 24.1 cm, ペーパーサイズ: 30.4 x 25.3 cm © Shoji Ueda Office]

メディア

スケジュール

2012年02月24日 ~ 2012年03月27日

クロージングパーティー 2012年03月27日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

植田正治

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use