「アートとブックのコラボレーション -出会いをめぐる美術館の冒険-」展

うらわ美術館

poster for 「アートとブックのコラボレーション -出会いをめぐる美術館の冒険-」展

このイベントは終了しました。

本展は、うらわ美術館の「本をめぐるアート」のコレクションとそれに関連する北九州市立美術館のコレクションをもとに構成されます。
当館は、国内では初の試みとして「本をめぐるアート」を収集の柱に活動をしています。一方北九州市立美術館は、国内外の近現代美術を中心に現在約7,000点のコレクションを所蔵しています。それぞれ独立したコレクションですが、共通する多くのアーティストやテーマを含んでいます。たとえばピカソ、ルオー、シャガール、マティスから恩地孝四郎、具体美術協会の作家たち、駒井哲郎、加納光於、等々です。
本展では、二つの美術館の特色あるコレクションがもっぱら「アートと本」をめぐって多種多様にコラボレートします。一見すると脈絡のない二つのコレクションが出会うことによって、双方のコレクションに新たな、もう一つの光を当てようと試みるものです。

メディア

スケジュール

2011年11月23日 ~ 2012年01月22日

Facebook

Reviews

haniwabe: (2012-01-13)

絵本「もこもこもこ」の元永定正の油絵、どどーん。
2つの美術館が1点ずつ所蔵する加納光於(詩・大岡信)の《アララットの船あるいは空の蜜》を見比べるのも楽しい。
http://hanitona.web.fc2.com/jnABC.htm

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use