「新春の所蔵品展 近世近代の書画-湘南の文人墨客-」

平塚市美術館

poster for 「新春の所蔵品展 近世近代の書画-湘南の文人墨客-」

このイベントは終了しました。

18世紀後半、長崎を通じて出版を中心とする明末清初の文化がもたらされると、俗世間を超越し、文雅の世界に親しむ文人のいとなみを実践する人々があらわれます。市井の人々も、こぞって詩・書・画をたしなむようになり、とりわけ絵画・書においては、明清の新しい画風・書風が好まれました。
本展では、江戸時代から昭和初期までの当館所蔵作品により、江戸時代の人々が憧れ、時代によって変化しながらも根強く残ってきた伝統的な文化のありようをご覧いただきます。

メディア

スケジュール

2013年01月04日 ~ 2013年02月11日

アーティスト

松林桂月岡本秋暉岸田劉生

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use