「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」展

東京都現代美術館

poster for 「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」展

このイベントは終了しました。

東京都現代美術館/日本テレビは、2003年夏から、毎年、スタジオジブリの企画協力のもと、アニメーションに関連する様々な企画展を開催してきました。記念すべき10回目を迎える今年は、「特撮」をテーマにした展覧会を7月10日より開催します。題して「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」。「エヴァンゲリオン」シリーズをはじめ、数々の作品でファンを魅了してきた監督・庵野秀明。その創作活動の原点であり、多大な影響を与えてきたのが、幼少期からこよなく愛してきた「特撮」でした。円谷英二が始めた日本の特撮は、精巧なミニチュアで作られた町や山や海を舞台に、怪獣やヒーローやスーパーマシンたちが活躍し、見る者をワクワクさせてきました。しかし現在、特撮は、デジタル技術の発展と共に形を変え、その価値を見直す岐路に立たされていると言えます。それとともに、特撮の語り部であり、貴重な財産であるミニチュアや小道具などは、破棄され、あるいは散逸し、失われつつあります。本展覧会は、特撮のこうした状況を何とかしたいとかねてから考えてきた庵野秀明が、「館長」となって「博物館」を立ち上げた、というコンセプトのもとで開催します。会場では、数々の映画・TVで活躍したミニチュアやデザイン画などさまざまな資料約500点を一堂に集めて展示し、それらを担ってきた作り手たちの技と魂を伝えます。そして、日本が世界に誇る映像の「粋」、特撮の魅力に迫ります。

[画像: 「巨神兵像」竹谷隆之作 © 2012 二馬力・G]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2012年07月10日 ~ 2012年10月08日

Facebook

Reviews

haropyon: (2012-09-13)

この展覧会のために作られた、CGを一切使用していないという9分間の映像作品がとにかく素晴らしいです。映像の後に展示されているメイキング映像もまた、製作者の方々の熱い思いが伝わってきて必見です。

shumai: (2012-10-02)

CGが無かった頃にいかに実写の合成で本物らしく見せるかという技の数々が職人技で、人間の工夫の可能性ってすごいなと思いました。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use