「RADICAL SHOW 2012 - 京都造形芸術大学エマージングアーティスト展 -」

渋谷ヒカリエ 8/ CUBE 1, 2, 3

poster for 「RADICAL SHOW 2012 - 京都造形芸術大学エマージングアーティスト展 -」

このイベントは終了しました。

京都造形芸術大学は、これまで10年以上にわたり、東京の地で卒業制作選抜展を行ってきました。今回は従来の学生展とは異なる先鋭的な企画を渋谷ヒカリエ8/CUBEで展開します。デザイン分野、アート分野で将来的にプロフェッショナルな活躍が期待されるクリエイターを選抜、「アートプロデュース演習」を受講する学生がスタッフとして展覧会をプロデュースします。本展は個展Ⅰ期、Ⅱ期、テーマを設定したグループ展、そしてデザインストアという4つの構成によるもの。若い発想、才能が輝く展覧会です。「京都造形芸術大学発」の才能の場として、エマージングアーティストによる野心的なSHOW CASE「RADICAL SHOW 2012」。アートとデザインにおける「さらなる根源的な前進」を、今まで以上に積極的に提出する場を作ります。

[Ⅰ期 SOLO SHOW] 9月5日 (水)~9月11日(火)
田中裕子、江畑芳、井上康子
京都造形芸術大学出身、在籍の期待の作家「未来を担うアーティスト」を、Ⅰ期とⅡ期にわけてソロショーにて紹介します。ここは、「RADICAL」—急進的、根源的に世界に立ち向かう作品群が並びます。青年期に3.11を経験したこと、それは作家としての制作においても、大きなターニングポイントになるでしょう。「RADICAL」という姿勢を問うことから始まります。

[Ⅱ期 SOLO SHOW] 9月12日(水)~9月18日(火)
久保智昭、西垣肇也樹、富田直樹
Ⅰ期にひきつづき、個展形式で、期待の作家「未来を担うアーティスト」3名をご紹介します。アートを通じて、彼らの3.11という「最悪」から、新たに「最善」を生み出す試みは、きっと新たなパラダイムシフトにつながることでしょう。

[Ⅲ期 GROUP SHOW: RADICAL IN NATURE] 9月19日(水)~9月18日(火)
岩泉慧、金子夏季、嶋春香、白井賢吾、田辺真弓、戸田香織、三浦真衣、武者宏迪、葉忠宜
自然への尊敬、畏怖を様々な手法で表現した作品、新作がならびます。それは、私たちはあくまでも自然の中で暮らしている、という認識から始まるのでしょう。日本のアミニスティックな力を信じ、決して宗教的ではなく自然の中に生きるということは、自らをどこに位置づけるのか。模索、言及された作品をご紹介します。

[Ⅳ期 RADICAL STORE: 期間限定デザインストア] 9月19日(水)~9月25日(火)
有本ゆみこ、小野由理子、小山恵未、永田咬幹 (ZOO)、二十一美紗子、古川帆南美、FANICHA (三島弘将+飯田香)
デザインの展覧会でもあり、実際に作品が買えるデザインストアです。最早、大量消費、大量生産の時代ではなくなった今において、3.11後の日本には何が必要なのか。ものが溢れかえる時代に、更にものをつくろうと志す、若手デザイナーたちの、批評的に意義深いデザインストアです。

メディア

スケジュール

2012年09月05日 ~ 2012年10月02日
各期の最終日 (9月11日、9月18日、9月25日、10月2日)は16:00までの開催。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use