平川典俊 「木漏れ日の向こうに」

群馬県立近代美術館

poster for 平川典俊 「木漏れ日の向こうに」

このイベントは終了しました。

平川典俊は1960年福岡県に生れました。大学で応用社会学を学び、1988年よりアーティスト活動を開始。1993年に渡米し、以後ニューヨークを拠点に活動を続けています。世界各地の美術関係者と会い、直接自分の考えを説明し、文化的差異がもたらす認識や社会と自己の関わり方をテーマに、写真、ビデオ、サウンド、テキスト、映像、インスタレーションといったさまざまな媒体をもちいて作品を制作しています。これまでに、ポンピドゥーセンター、フランクフルト近代美術館など世界各国で300回を超える展覧会に作品を発表してきました。同時に各地でパフォーマンスやレクチャーをおこない、その作品はジェンダー、メディア、宗教、現代美術そのものなど、いずれも一見、きわめて広範囲かつ挑発的なテーマを扱っているように見えながらも、その根底には一貫して社会システムと個人、個人と自由意思についての真摯な問いかけと提言が存在しています。この展覧会は、鑑賞者に絶えず問いかけをおこない、認識の変革を迫る平川典俊の作品群を可能な限り網羅し、これまでの軌跡を振り返るとともに、これからの世界におけるアートと社会の関わり、アートが果たす役割についての再考を促す、平川典俊の日本で初めての大規模回顧展です。

[画像: 平川典俊 「For A New Clear Era-D 2011」(2011)]

メディア

スケジュール

2012年04月14日 ~ 2012年06月10日

アーティスト

平川典俊

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use