堂東由佳 「virus」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 堂東由佳 「virus」

このイベントは終了しました。

堂東由佳の作品はシルクスクリーン版画です。通常の距離で目にしたとき、モノクロの繊細なレース模様のように見える画面は、接近してよく見ると、5ミリ~1センチほどの小さな猫が無数に連なって構成されています。さらによくよく目を凝らすと、可愛らしく擬人化された小さな猫たちは、嘔吐・下痢・発熱を繰り返し、無限に増殖しています。細かなモチーフは刷り重ねられた版によってつぶれ、あるいは最初から見えないほど微細で、「見る」という行為をいじわるに揺さぶります。美しいレースかと思えた画面が、可愛い中にも毒を含んだユーモアの伝染病にも似た集積であることに、思わず笑い、その中に不安や困惑の小さな鎖が繋がっていきます。

堂東由佳は1983年生まれ、2011年に京都市立芸術大学美術研究科を卒業したばかりの若手作家です。美術大学に入る前から手癖のように小さなドローイングを無意識にしていたという堂東は、在学中にそれをモチーフに使い、コピーペーストして連続模様となる作品をつくり始めます。保健所の講習で聞いた「食中毒になると、嘔吐・下痢・発熱になります」という言葉に触発された落書きから、「嘔吐・下痢・発熱」シリーズが生まれました。猫のモチーフのほか、カーテンに蝶を重ね合わせ、遠くから見るとカーテンで、近寄ると笑うチョウチョが連なる「Butterfly room」シリーズは、文様パターンの重なり連なりが、カーテンに似ているところから発想されました。額を縦横に重なるよう並べた展示方法は、カーテンそのものの重なりや広がりをも連想させてユニークです。

東京初個展となる今展では、9台のテーブルの上に新作を並べ、5メートルの大きさのインスタレーションを行います。壁には「Butterfly room」シリーズを展示する予定です。距離を測りつつ、さらりと見られることから身をかわし、さりとて近づくのもなんだか難しい・・・おかしみと不安といじわるな笑いを、是非会場で体験してください。

[画像: 堂東由佳 「嘔吐・発熱」 (2011) シルクスクリーン、紙 90 × 90 cm ]

メディア

スケジュール

2012年02月02日 ~ 2012年02月27日

オープニングパーティー 2012年02月02日18:00 から 19:00 まで
アーティスト・トーク

アーティスト

堂東由佳

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use