「市制80周年記念 棟方志功展」

平塚市美術館

poster for 「市制80周年記念 棟方志功展」

このイベントは終了しました。

本展では、財団法人棟方志功記念館、青森県立美術館のコレクションから、棟方志功の画業を紹介します。

棟方志功は、1903(明治36)年、青森市で生まれました。幼い頃より視力が弱かったものの、独学で油彩を学び、21歳のとき「日本のゴッホ」になることを決意して上京。当初の油彩画は、ほとんど評価を得られませんでしたが、1926(大正15)年に版画家・川上澄生の《初夏の風》に出会い、木版画に自身の芸術の可能性を見出すことになります。

1935(昭和10)年頃から、《萬朶譜》や《大和し美し》など、白と黒を鮮やかに対比した墨一色摺りの作品をつくりあげます。このころ、柳宗悦や濱田庄司の知遇を得て、民藝運動を通じて、その思想と仏教や古典芸能の世界を学び、《釈迦十大弟子》など代表作となる作品を発表していきました。また、同時代の詩人や小説家とも交友し、文学作品からインスピレーションを受け、文字と絵を一体化した表現も手がけています。

戦後、1956(昭和31)年にはヴェネツィア・ビエンナーレに出品し、国際的ににも評価されていきます。その後、大画面作品への挑戦、生まれ故郷の青森を題材にした作品や旅行先の風景や文化遺産に触発された作品を制作するなど、1975(昭和50)年に亡くなるまで創造へのエネルギーが止むことはありませんでした。

棟方志功は、木版画にとどまらず、岩絵具による肉筆画、墨画、書など様々な造形活動を展開しています。両館の代表的な作品を通じて、作家の多彩な画業と表現意欲、斬新な造形をお楽しみください。

[画像: 棟方志功「門世の柵(安於母利妃の柵)」(1968)]

メディア

スケジュール

2012年04月14日 ~ 2012年06月03日

アーティスト

棟方志功

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use