マライケ・ファンヴァルメルダム 「Haru」

タカイシイギャラリー

poster for マライケ・ファンヴァルメルダム 「Haru」

このイベントは終了しました。

タカ・イシイギャラリーは、アムステルダムを拠点に活躍するマライケ・ファンヴァルメルダムのギャラリー初個展を開催いたします。明快かつ透明感溢れるループ映像作品で知られるファンヴァルメルダムの出展作「Face to face」は、コンゴウインコの群れが一本の木の周りを飛び、まるで鳥たちがこの木に強く惹きつけられているかのようです。木の幹がまるで類人猿の顔のように見えるため、鳥たちは集まるのでしょうか。群れの中の一羽が木の顎あたりに留まり、目のような幹の節を凝視することから、そのように解釈するかもしれませんが、はたしてそのとおりなのでしょうか。

作品「Face to face」に加え、ファンヴァルメルダムは映像のスチル画像をキャンバスにプリントした、一連のペインティング作品を展示いたします。彼女のループ映像作品群の特徴である、そぎ落とされたビジュアル、速度、反復とその明快さは、これらのペインティング作品にも共通するものです。

キャンバスにプリントされたスチル画像の花々は、小枝があまりにも速い速度で動いているため筋状の痕跡にとどまり、まるで誰かが花の絵の表面を絵筆でこすりつけたかのようです。 この凍りついたフィルムの瞬間を再現せずにはいられず、ファンヴァルメルタムはバケツとほうきを用いてプリントされたスチル画像に手を加えることにより、既にそこにある凍りついた瞬間を描く「逆さの絵画」を作り始めました。

メディア

スケジュール

2012年02月25日 ~ 2012年03月24日

オープニングパーティー 2012年02月25日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use