山本高之 「きみのみらいをおしえます」

アートセンター・オンゴーイング

poster for 山本高之 「きみのみらいをおしえます」

このイベントは終了しました。

山本高之 (やまもとたかゆき)は1974年愛知県生まれ。愛知教育大学大学院を終了後に渡英。ロンドンのチェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインMAを修了しました。『シャージャ・ インターナショナル・ビエンナーレ』や『愛知トリエンナーレ2010』をはじめ、国内外の様々な国際展や、美術館、アートスペースなどに招待されるなど、精力的に発表を続けながら現在最も注目を集めるアーティストの一人です。
山本は小学生ぐらいの子供たちが多数登場する映像作品で知られます。教室の中でスプーン曲げを成功し誇らしげな笑みを浮かべる子供たち。自ら考案した様々な地獄について手作りの模型を交えたどたどしく解説する子供たち。動物園の動物たちの前で、それぞれの動物の生活を「一週間の歌」の替え歌によって踊りを交え伝える子供たち。作品の中で、子供たちは演出されているとは言い難い、それぞれの素の表情を見せてくれます。山本作品の中の子供たちは、ビデオカメラを前にして過剰に誇らしげだったり、逆になんて事ない場面で照れくさそうに体をよじってみせたり、あるいは歌う音や歌詞が大きくずれていたりと、どこか違和感を感じる存在として映し出されています。そこに映るのは、純粋無垢で可愛いらしいなどというステレオタイプの「子供たち」ではなく、我々大人に似ていながらも何処か違和感を感じる、まるで別の「生き物」かのようです。山本作品の子供たちはどれも観るものに笑いを誘いますが、もしかしたらその笑いとは得体の知れないものに遭遇したときに湧き上がる恐怖にも似た笑いなのかも知れません。子供のなかに存在する我々の解釈を拒む部分を作品素材として巧みに操りながら、世界を異化しようとする山本高之の作品世界。

[関連イベント]
- Pre Ongoing School
日時 8月26日(日) 15:00~
料金 1500円 (ケーキとドリンク付き、先着30名様 ※入場料込み)
作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャー。お好きなケーキとお飲物がついてきます。

- 山本高之対談シリーズ01「幻想の未来」を超えて
日時 9月2日(日) 18:30~
ゲスト: 小泉元宏 (社会学/文化政策研究)
参加費: 1000円 (ワンドリンク付き、先着30名様 ※入場料込み)

メディア

スケジュール

2012年08月22日 ~ 2012年09月02日

オープニングパーティー 2012年08月25日19:00 から
参加費: 1000円 (軽食、ワンドリンク付き ※入場料込み)

アーティスト

山本高之

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use