新井淳夫「フランスの最も美しい村々 -第2章- 」

タンバリンギャラリー

poster for 新井淳夫「フランスの最も美しい村々 -第2章- 」

このイベントは終了しました。

昨年同じ時期に、ここタンバリンギャラリーで「フランスの最も美しい村々 -第1章-」を開きました。あれから1年。展示が終わってパリに戻り、再度回り始めました。今回は以下の地方を回りました。
11月のアヴェロン地方。日本人にも人気で、巡礼の行程沿いの村として有名なコンク。ロット川沿いの村々。
12月のアルプ・コートダジュール地方。地中海沿いの要所に築かれた要塞、そのまわりに形成された村々。少し脚を痛めました。
4月のブルゴーニュ地方。ワインの産地として有名ですが、観光客の多いヴェズレー。観光客のいない、フラヴィニー・シュル・オズラン村。
7月のアルザス地方。白ワインで有名なアルザス。ドイツの文化を色濃く残し、ワイン街道沿いに点在する真珠の村々。
7月のノルマンディ地方。森に囲まれた静かなリヨン・ラ・フォレ村。アジア系はもちろん、英語圏の観光客すらいない。
9月のコンテ地方とジュラ地方。チーズで有名なコンテ。スイス国境のレマン湖沿いのジュラ地方。間にあえば展示します。
それぞれの村の成り立ち理由が違い。それぞれの村が、スイス、独、英、スペイン、伊との関わりに深く影響を受け、それぞれの地がおもしろい場所にある。村人は総じて人なつっこい。ただ、観光客の少ない村程、素朴で人はやさしい。それは日本も同じか。156カ所あるフランスの美しい村々。ただいま制作の旅、継続中!

メディア

スケジュール

2012年10月02日 ~ 2012年10月07日

オープニングパーティー 2012年10月02日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

新井淳夫

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use