横浜美術館コレクション展 「光をめぐる表現」

横浜美術館

このイベントは終了しました。

横浜美術館コレクション展の今期は、光をテーマに採りあげました。光は、視覚世界の認識に深く結びつき、美術において不可欠な要素です。光の在り方は、強く差し込む陽光、かすかな光明、淡く空間全体を包み込む光など多種多様です。強い光ほど深い闇がもたらされ、明暗の対比が浮かび上がります。また光は、希望や憧れ、不安や畏れなど、人のさまざまな思いを象徴するものとして美術家の創作意欲をかきたて、多様な表現を生み出してきました。光と素材の関係もさまざまです。たとえばガラスを素材に作家自らが自由に造形するスタジオ・グラス運動は、光そのものを作品に取り込んでガラスによる芸術表現の可能性を拡げましたが、今回の展示では、ガラス作品の魅力とその多彩さも見どころのひとつです。また、一日における太陽光の変化を取り入れたサルバドール・ダリの三連作≪幻想的風景≫や、神秘的な光をたたえたギュスターヴ・モローの≪岩の上の女神≫のほか、光背や火炎、月明かりに、画材の特色を活かして光を表す日本画の作品を紹介します。光をめぐるさまざまな表現をお楽しみください。写真展示室では、写真家ロバート・キャパの企画展開催に関連づけて、報道写真を展示しました。コレクション・フレンズ対象の森村泰昌による映像作品もございます。

[関連イベント]

ギャラリートーク
日時: 12月21日(金)、2013年1月4日(金)、2月1日(金)、3月1日(金)、3月15日(金) 各日とも14:00〜14:30
会場: コレクション展 展示室
参加: 無料(当日有効の観覧券が必要です)

コレクション展レクチャー
日時: 2013年 3月2日(土) 14:00〜14:30
会場: コレクション展 ホワイエ
定員: 50名(先着順)
参加: 無料

視覚に障がいのある人とない人が共に楽しむプログラム「鑑賞会」
日時: 2013年2月15日(金) 14:00〜16:00
会場: コレクション展 展示室、アートギャラリー 2
定員: 20名(要事前申込み、応募者多数の場合は抽選)
参加: 無料

メディア

スケジュール

2012年11月03日 ~ 2013年03月24日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use