poster for 中沢研 展

このイベントは終了しました。

中沢研は1970年東京都生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻を修了。主な展覧会に「MOTアニュアル1999 ひそやかなラディカリズム」(東京都現代美術館)、「横浜トリエンナーレ2001」(パシフィコ横浜)などがあります。針金やテグスなど視覚的ヴォリュームが希薄な素材を用い、展示空間に呼応したインスタレーションを制作する作家として国内外で高い評価を得ています。
本展では、白く塗装した直径4ミリの鉄材を用いた新作インスタレーションを展示いたします。「30組」という作品タイトルが示すとおり、30組のオブジェがゆるやかに列をなし空間全体を構成しています。高さ140cmほどのコの字型の鉄と、その左右の辺から水平方向に伸びる2本の鉄を接合したものを基本単位とし、2体の同形のパーツを向かい合わせに組むことにより1組のオブジェとして自立させています。単体では自立しないパーツがペアになることによって、互いを支え地面に立つというあたかも何かを象徴するかのような形は観る者にさまざまなイメージを想起させますが、具体的な意図や、作品の意味について明らかにされることはありません。「限定されたイメージで空間を満たすのではなく、限定しないことでその場を暗示する」と中沢が述べるように、私たちはその「場」を体感することによって、作家からの問いに対する自らの答えを空間に見いだすのです。
2013年3月にはドイツのGalerie EIGEN + ART Leipzigのグループ展への参加も決まっており、今後の活躍がますます期待される中沢の新作をどうぞご覧ください。

[画像:中沢研 「30組」(2013) Painted steel ]

メディア

スケジュール

2013年02月05日 ~ 2013年04月27日

アーティスト

中沢研

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use