「西洋版画の流れ - ブリューゲルからピカソまで - 」

神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

poster for 「西洋版画の流れ - ブリューゲルからピカソまで - 」

このイベントは終了しました。

16世紀のフランドルで活躍したブリューゲルから、18-19世紀スペインの画家ゴヤ、英国の詩人画家ブレイク、20世紀のピカソやフリードランデルまで、西洋版画の歴史を、銅版画を主として当館のコレクションでたどる展覧会です。特別展示として、パウル・ツェランの妻であり、戦後のパリで活躍したジゼル・ツェラン=レトランジュの銅版画も併せて展示します。

[関連イベント]
ゲスト・トーク「ジゼルとパウル・ツェランをめぐって」
日時: 10月19日(土)14:00~15:30
講師: 飯吉光夫氏(ドイツ文学者)
聞き手: 水沢勉(当館館長 )
会場: 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館 展示室
申込不要、無料(ただし「西洋版画の流れ」展の観覧券が必要です)
「学芸員によるギャラリートーク」
日時: 10月5日(土)、11月23日(土)各日14:00~14:30
会場: 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館 展示室
申込不要、無料(ただし「西洋版画の流れ」展の観覧券が必要です)

[画像:ピーテル・ブリューゲル(父)「休息する兵士たち」(1552-1556年頃)]

メディア

スケジュール

2013年09月14日 ~ 2013年12月01日
9月16日、9月23日、10月14日、11月4日の月曜日は開館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use