poster for Genesis

このイベントは終了しました。

熊野寛喜、謝天、周瑩、Terence Chanの4人は、大学院で共に写真を学んできました。熊野寛喜は、人間がつくりあげた場所・空間に、人間がつくりあげることの出来ない「宇宙的空間・イメージ」を追い求めており、謝天は、都市の人為的空間の光景を撮り、またシャッターを押して生まれる「時間」に注目しながら作品を制作しています。周瑩の写真は、外国人を被写体としています。留学生として日本で生活している周瑩は、彼女が写す外国人たちに自身の感情を重ねながら作品を制作しています。Terence Chanは、東西の文化が混在し、また混沌とした香港を同時に写し、自身のアイデンティティの再確認を試みています。年齢や国籍が異なる4人は、これまで写真表現という共通分野において、互いの過程と結果を共に見つめてきました。本展は、この4人がこれから新しい舞台へ進むことに意味を込め、Genesisというタイトルをつけました。

会場: コニカミノルタプラザ Gallery B

[画像: 周瑩]

メディア

スケジュール

2013年11月27日 ~ 2013年12月09日

アーティスト

熊野寛喜周瑩謝天Terence Chan

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use