「メメント・モリ - 愛と死を見つめて - 」 展

山本現代

poster for 「メメント・モリ - 愛と死を見つめて - 」 展

このイベントは終了しました。

杉本博司キュレーション 白金アートコンプレックス5周年合同展。
現代美術から古美術にわたる多種多様な分野を扱う各フロアが、杉本博司の出した「お題」に答えるかたちで企画展示をおこないます。

ヤノベケンジとビートたけしが協同し、”大地の怒り”を古井戸から立ち現れる巨大な亡霊的存在に具現化した巨大作品「アンガー・フロム・ザ・ボトム」の構想模型とエスキースを展示する一方、杉本博司作品「性電気発生装置」からは剥き出しの閃光がほとばしります。また、ビートたけしによる透明アクリル製「スケルトン跳び箱」は、単なるエロティックな道具にとどまらず、「(1)落ちる水(2)照明用ガス、が与えられたとせよ」で論争を巻き起こしたデュシャンにもつながる美術的価値を有し、我々の生の始点を垣間みる装置として純粋性をたたえます。また本展のお題<メメント・モリ>に基づき、ウィーン・アクショニスムの鬼才ヘルマン・ニッチの写真とドローイング集(1971年)もご紹介します。なお4月17日からは、小谷元彦の新作も追加展示いたします。

[画像: ビートたけし + ヤノベケンジ 「アンガー・フロム・ザ・ボトムのための構想模型/エスキース」 (2013)]

メディア

スケジュール

2013年04月13日 ~ 2013年05月18日

オープニングパーティー 2013年04月13日19:00 から 21:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use