堀口彩花 「陶 HOLE」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 堀口彩花 「陶 HOLE」

このイベントは終了しました。

堀口彩花の作品は陶芸の技術を使い、穴をモチーフに制作した立体作品です。作品は高さ120cm、幅240cm、厚さ40cmの大きさで、多数の穴が複雑に入り組み白い多孔質の岩壁のような迫力があります。テーマである「見る」という行為を幼い頃親しんだ手めがねの穴になぞらえて陶土をすべて手彫りして制作しています。本展では「Consious」(2013)と小品5点の6点が展示されます。本展は堀口彩花の個展初開催となります。

[関連イベント]
「アーティスト・トーク」
会場にて、制作のことなど作家ご自身に語っていただきます。
日時: 1月9日(木) 18:30~19:00
会場: LIXILガレリアセラミカ会場
先着順・予約不要・参加無料

[画像: 堀口彩花「Consious」(2013) H1200×W2400×D400mm]

メディア

スケジュール

2014年01月09日 ~ 2014年02月03日

アーティスト

堀口彩花

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use