宮下勇 「ムサビキャンパスの建築」

武蔵野美術大学 美術館・図書館

poster for 宮下勇 「ムサビキャンパスの建築」

このイベントは終了しました。

本展では、本キャンパスにおける建築の変遷をたどりながら、宮下氏が設計に関与したキャンパス内の建築群を図面と模型、映像資料を通じて紹介します。本キャンパスは芦原義信により基本構想が打ち出され、校舎の設計が行われました。その後、新学科の開設や教育プログラムの充実に合わせて、建築学科の教授が新たな校舎を設計していくことで徐々に拡充されてきた歴史があります。そうした大きな流れの中で、宮下氏の仕事を改めて見つめ直します。

あわせて、今回は宮下氏の教育成果の一側面として、文部科学省の現代的教育ニーズ取組支援プログラムに選定されたEDS Bamboo Design Projectや、自然素材を使った設計計画についても紹介します。これらは、素材としての「竹」に注目し、それを用いた構造物(住居・シェルター・オブジェなど)や家具、日用品などのプロトタイプを実制作してみるというものです。こうした学生たちとの取り組みからは、常に自然というものに目を向けてきた宮下氏の建築に対する志向の一端を垣間見ることができます。

会場: 武蔵野美術大学美術館 展示室4

メディア

スケジュール

2013年11月25日 ~ 2013年12月21日

アーティスト

宮下勇

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use