「quo_port - 繊維と音の絡まる空間 - 」展

gift_lab

poster for 「quo_port - 繊維と音の絡まる空間 - 」展

このイベントは終了しました。

2009年にベルリンで活動開始したサウンド/ビジュアルアートユニット、penquo(hisae mizutani+kyoka)が2012年夏に、「山ノ家」で行ったレジデンスにおける滞在製作作品を解体・再構築そしてそのプロセスの解析も試みる、東京では初の展示となる。
※最終日3月3日にはクロージングとして、インスタレーションを利用したkyokaほかによるライブパフォーマンスが決定しました。
(最終日はパフォーマンスイベント開催のため、展示が見れるのは16時〜17時のみとなります。ご注意ください。)

メディア

スケジュール

2013年02月08日 ~ 2013年03月03日

アーティスト

penquo

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

第5回恵比寿映像祭、開催中! テーマは「パブリック⇄ダイアリー」

【Art Beat News】多数の地域連携プログラムも必見!

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use