オノレ・ドーミエ 展

ヒロ画廊

poster for オノレ・ドーミエ 展

このイベントは終了しました。

ドーミエが活躍した時代はフランスのジャーナリズムの勃興期であり、新聞や雑誌の理解を助けるドーミエの挿絵は大きな人気を博しました。日一日と近代化が進む激動の世界都市・パリを生きたドーミエは、政治家をはじめとした著名人の醜聞や、また市井の人々の日常のドラマを、その鋭い洞察力と確かな描画力でユーモラスに活写しました。そのドーミエの作品より、1832年に創刊されその後の世論に大きな影響を与えた風刺新聞、「シャリバリ」に掲載された石版画を展示いたします。
[画像: オノレ・ドーミエ 「犠牲となった犬の亡霊による悪夢」(1852) リトグラフ 20.4×27.1cm]

メディア

スケジュール

2013年12月13日 ~ 2013年12月21日

アーティスト

オノレ・ドーミエ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use