ルーベンス 「栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」

Bunkamura ザ・ミュージアム

poster for ルーベンス 「栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」

このイベントは終了しました。

17世紀バロック時代のヨーロッパに名をとどろかせた画家ペーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)。アントワープで親方資格を得たルーベンスは1600年、イタリアに向けて出発し、マントヴァ公爵の宮廷画家になります。イタリアでは、ローマをはじめ各地を訪問し、古代、ルネサンス、当代の美術を学びました。イタリア滞在を終えてアントワープに帰郷したルーベンスは、南ネーデルラント(フランドル)の統治者アルブレヒト大公とイザベラ大公妃の宮廷画家に任命され、大規模な工房を設立し精力的に活動しました。1619年頃からは自作の版画に対する独占的版権を獲得し、自らの構図を正しく普及させることに努めます。さらには1623年頃から、絵筆を持った外交官として各国の宮廷で手腕を振るいながら和平交渉に臨み、スペインとイギリスとの和議の成立に貢献しました。一方、二度の結婚を通じ8人の子供をもうけ、子供たちの教育に熱心な、家族思いの父親でもありました。本展は、イタリア滞在の影響を示す作品をはじめ、彼自身の手になる卓越した作品、工房作品、工房内の助手が独立して描いた作品、彼が直接指導して制作させた版画などを通じ、その制作の実態に迫る日本初の試みです。家族の肖像も含め、日本ではまだあまり知られていない巨匠の真の姿を紹介します。

[画像: ペーテル・パウル・ルーベンス 「ロムルスとレムスの発見」(1612-1613) 油彩]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2013年03月09日 ~ 2013年04月21日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use