「ロマンティック・バレエの世界 - 妖精になったバレリーナ - 」展

ニューオータニ美術館

poster for 「ロマンティック・バレエの世界 - 妖精になったバレリーナ - 」展

このイベントは終了しました。

本展では、フランス革命後の最も不安定な時代に成立したロマンティック・バレエのバレリーナの中でも、特に人気を二分した二人のスター、麦畑を一本の麦も折らずに歩けたとまで謳われた天上的な魅力のマリー・タリオーニと情熱的で地上的な踊りで男性ファンを魅了したファニー・エルスラを中心に、当時人気のあった演目ごとに版画、スターの手紙、楽譜等をご覧いただくことによって、時代背景を含めたバレエの成り立ちを確認し、ロマンティック・バレエという夢の世界をお楽しみいただきます。

[関連イベント]
ギャラリートーク
日時: 11月23日(土)、12月7日(土) 14:00~
講演者: 芳賀直子氏(本展監修者、舞踊研究家、兵庫県立芸術文化センター キュレイター)、太田美喜子(当館学芸員)

※イベント詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

[画像: 「『ラ・シルフィード』マリー・タリオーニ」]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2013年11月09日 ~ 2013年12月25日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use