里見勝蔵 + 小泉清 展

永井画廊

poster for 里見勝蔵 + 小泉清 展

このイベントは終了しました。

“写実とは何か” は近年改めて喧しいが、円山応挙 “写意” 、クールベ “リアリズム” 以後古今東西、古くて新しい美術界の大テーマだ。本展では、そのひとつの方向を提示してきた里見らの遺志を確認、継承すると同時に、「環展」再興を契機として、日本美術の本質、真髄にまで迫るいっそう深い “写実” 論の展開を期待し、将来、本展から写実論争に終止符を打つ次代を担う画家の登場を待ちたい。

[画像: 里見勝蔵 「少女」(1934)]

メディア

スケジュール

2013年10月01日 ~ 2013年10月12日

アーティスト

里見勝蔵小泉清

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use