「HARAJUKU PERFORMANCE + DOMMUNE 2013」

ラフォーレミュージアム原宿

poster for 「HARAJUKU PERFORMANCE + DOMMUNE 2013」

このイベントは終了しました。

既存のジャンルや従来の概念にとらわれない新機軸のラインナップで、クリエイティブ・シーンの最前線を紹介してきた『HARAJUKU PERFORMANCE+』。7年目を迎える今年も、現在美術家・宇川直宏が主宰するライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」とコラボレート。今後が気になるアーティストや、その動向に注目したいカルチャー現象をいち早く掘り下げます。

初日は「New Sound Generation」と題し、蓮沼執太と和田永の二人の音楽家をクローズアップ。蓮沼執太率いる蓮沼フィルと、和田永率いるOpen Reel Ensemble、この日のためにメンバーを集め20台近くのオープンデッキを使い世界初披露する『Open Reel Orchestra』によるパフォーマンス、蓮沼執太×和田永のトークショーをお届けします。和田は2009年・2010年に、蓮沼は2010年に「HARAJUKU PERFORMANCE+」に登場しましたが、以降、彼らはどのような創作を行い、また今後どのように歩みを進めようとしているのか――注目すべきニュータイプの音楽家の“今”と“これから”に迫ります。

2日目は、「CITY BOYS&GIRLSに捧ぐ、文科系日本語ラップ!!!!」と題し、国内において表現者が急速に増えつつある“日本語ラップ”に着目。ファッショナブルでちょっぴりナードなアーティスト達を招聘します。世界中の都市部を中心に急速に広まり、若者に圧倒的に支持されていった「ラップ」というスタイル。なぜこの表現手法がいま多様され、多くの若者を惹きつけるのか。その理由に迫ります。

なお、これまでと同様、「DOMMUNE」が誇るハイクオリティな音響・映像システムはそのままラフォーレミュージアム原宿に移設。音響・映像システムのオペレーションは通常の「DOMMUNE」と同様、宇川氏本人が行います。※配信は12月21日(土)公演のみとなります。

12月21日(土)「New Sound Generation」
PERFORMANCE: 蓮沼執太フィル(SPECIAL GUEST: 坂本美雨)
       Open Reel Ensemble(SPECIAL GUEST: 大野松雄)
VISUAL EFFECTS: Rhizomatiks
TALK :蓮沼執太、和田永(Open Reel Ensemble)
TALK NAVIGOTER: 畠中実(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] 主任学芸員)

12月22日(日)「CITY BOYS&GIRLSに捧ぐ、文科系日本語ラップ!!!!」
OPENING ACT: Seiho
PERFORMANCE: JAZZ DOMMUNISTERS、□□□(クチロロ)、THE OTOGIBANASHI'S、Charisma.com、DJみそしるとMCごはん

メディア

スケジュール

2013年12月21日 ~ 2013年12月22日
21日(土) 19:00~、22日(日) 17:30~

アーティスト

宇川直宏蓮沼執太和田永

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use