「日本近代前衛絵画史 1910s~1940s」展

板橋区立美術館

poster for 「日本近代前衛絵画史 1910s~1940s」展

このイベントは終了しました。

板橋区立美術館のコレクションでたどる「日本近代前衛絵画史」です。時代と傾向別に6つの章に分けて作品を紹介します。これらの作品を、時代と共にふりかえることで、日本の前衛絵画思想がどのような背景をもとに発生・発展し、また中断をされ、戦後再興したのかを浮き彫りにできるでしょう。また、本展では、2012年度に新たに当館に御寄贈いただきました、堀田操の戦後のシュルレアリスム作品、山本日子士良の板橋を描いた作品の他、初公開となる戦地で描かれた風景や兵士のスケッチも展示いたします。

[関連イベント]
-記念講演会「近代日本の美術と前衛」
日時: 5月25日(土) 14:00より90分程度(午後1時開場予定)
講師: 佐藤道信(東京藝術大学教授)
会場: 板橋区立美術館 1F講義室
※聴講無料、先着100名、当日直接会場へおいでください。

-記念講演会「板橋区立美術館の前衛美術コレクション」
日時: 6月1日(土) 14:00より90分程度(午後1時開場予定)
講師: 弘中智子(板橋区立美術館)
会場: 板橋区立美術館 1F講義室
※聴講無料、先着100名、当日直接会場へおいでください。

-ギャラリートーク
担当学芸員が展示室をめぐりながら作品や作家についてお話いたします。
日時: 4月21日(日)、5月12日(日)、5月19日(日)、6月2日(日)、6月9日(日) いずれも14:00より60分程度
※申込不要、参加無料、当日2階展示室ロビーへ直接お集まり下さい。

メディア

スケジュール

2013年04月20日 ~ 2013年06月09日

アーティスト

小川原脩中川一政峰村リツ子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use