「生誕100年 佐藤太清 展」

板橋区立美術館

poster for 「生誕100年 佐藤太清 展」

このイベントは終了しました。

半世紀にわたり板橋区に在住した日本画家・佐藤太清は、大正2年(1913)京都府福知山市に生まれました。出生直後に両親を失うという苦難に遭遇しますが、 故郷の自然に触れ、その情景を描く体験を重ねて、絵の道を志します。 18歳で上京し、児玉希望の内弟子として日本画の修行を始めました。10年の研鑽を経て、新文展に「かすみ網」で初入選。その後、嵐や炎などの 自然現象を崇高の視点であらわし、また太清の代名詞ともいえる連作「旅シリーズ」では、自然が持つ美しさに精神性を与え、花鳥風景画という新分野を確立。 平成4年(1992)には文化勲章を受章。日本画壇を代表する作家として、戦後の日展を支えました。本年、佐藤太清は生誕100年という記念すべき区切りを迎えます。 本展では板橋区立美術館および福知山市佐藤太清記念美術館の所蔵作品、 全国の美術館や個人所蔵の作品、また太清の没後に発見され、このたび修復を終えた 作品や未公開作品を一堂にあつめ、画業70年をたどります。

[関連イベント]
記念講演会「佐藤太清の世界~輝ける生命へのまなざし」
日時: 10月13日 (日) 14:00〜15:30
講師: 安田晴美(美術史家、福知山市佐藤太清記念美術館顧問・佐藤太清 孫)
定員: 100名

メディア

スケジュール

2013年10月05日 ~ 2013年11月10日

アーティスト

佐藤太清

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use