岡本太郎 「透明な爆発 -怒り」

川崎市岡本太郎美術館

poster for 岡本太郎 「透明な爆発 -怒り」

このイベントは終了しました。

爆心地を描いた《明日の神話》をはじめ、血のメーデーや学生運動をテーマとした《青空》や《若い闘争》など、岡本太郎の絵画には、社会問題をあつかった作品も多くみられます。あまり知られていませんが、1960年代には全学連の若者たちとも言葉をかわし、ベトナム戦争の反戦運動である「べ平連」の依頼で、米国『ワシントン・ポスト』紙に「殺すな」と大きく記した全面の反戦広告も手がけました。社会への憤りや怒りは、岡本のなかでどのように転化し、表現されたのでしょうか。「透明な爆発・怒り」という言葉は、1971年刊行の岡本の著作『美の呪力』の章タイトルに用いられたものです。このなかで、岡本は、密教美術の静謐な曼荼羅に「怒りの相」を見てとり、「静かで、透明で神秘のすじが宇宙をおおうような、そんな精神のひろがり」を感じると述べています。民族創生の神話について、はじめに「神ありき」ではなく、「怒り」が爆発したのだととらえた岡本は、「怒り」という力を「人間が自分を超えて、世界に、宇宙に無限のひろがりをつかみとる」ための能動的なエネルギーと考えました。ピカソの《ゲルニカ》を岡本は「西欧絵画の伝統の終止符」ととらえ、今世紀の「怒り」の最高の表現と評したように、社会への「怒り」や「憤り」の表現は、彼の芸術のひとつの眼目といえるでしょう。岡本の絵画は、迷いや怒りにみちた現代に生きる私たちの道標でもあるようです。

[画像: 岡本太郎 「明日の神話」(1968) 油彩]

メディア

スケジュール

2013年01月18日 ~ 2013年04月07日
月曜日(2月11日を除く)、2月12日、3月21日は休館。

アーティスト

岡本太郎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use